医療法人葵鐘会 パークベルクリニック

低用量ピルの効果と避妊の仕組み|選び方や飲み方も解説

低用量ピルとは、体内の女性ホルモンをコントロールすることで、避妊効果やPMS・生理痛の改善効果が期待できる医薬品のことです。

毎日ピルを服用すると、99%と高い避妊効果を得られます。

▼この記事のポイント

ピルの効果と
仕組み
・避妊
・PMS改善
・ニキビ改善
生理不順の改善
詳細を見る
効果の出る
タイミング
・避妊:飲み始めの日から
・その他:1~3か月以上
詳細を見る
ピルの選び方・副効果や副作用を確認
・28錠タイプがおすすめ
・保険適用の可否で選ぶ
詳細を見る

低用量ピルの効果を得るためには、正しい飲み方でピルを服用することが大切です。

本記事では低用量ピルユーザーが知っておきたい、ピルの効果や作用、服用時の注意点について紹介します。

※この記事はPRを含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。

目次

低用量ピルの効果とは?なぜ避妊できるのかも解説

低用量ピルには、避妊(妊娠を防ぐこと)など、さまざまな効果が期待できます。

▼低用量ピルの効果

低用量ピルの効果
  • 99%の確率で避妊できる
  • PMSを改善する
  • ニキビや肌荒れを改善する
  • 生理不順を改善する

まずは低用量ピルの効果や、効果が得られる仕組みについて確認しましょう。

ピル効果1:99%の確率で避妊できる

低用量ピルには、99%と高い避妊効果が期待できます。

▼低用量ピルの避妊率

飲み忘れなし99.7%
飲み忘れあり91%

高い効果をキープするためには、飲み忘れに注意すること・毎日同じ時間に服用することが必要です。

なお、避妊の効果は、ピルの休薬・偽薬期間でも持続します。

休薬・偽薬期間とは

休薬・偽薬期間とは、有効成分(ホルモン)入りのピルを飲まない期間のことです。

低用量ピルは1シートが28日周期になっており、4週目の7日間が休薬・偽薬期間。

休薬・偽薬期間には、子宮内膜(赤ちゃんのためのベット)が剥がれて体外に排出されるため、生理のような出血が起こります。

ピルで避妊できるのはどういう仕組み?

ピルで避妊できるのは、体内の女性ホルモンをコントロールすることで、排卵を阻止できるためです。

女性の体は妊娠の準備をするために、脳が一定のサイクルで、排卵の司令を出します。

しかし、ピルの作用で体内の女性ホルモンの血中濃度を上げると、脳が「妊娠した」と勘違いして排卵が起こらないのです。

ピル仕組み

さらに、ピルは赤ちゃんのベットの役割を担う「子宮内膜」を薄く保つことで、受精卵が着床しにくい環境を整えます。

また、精子が子宮に入るのをブロックする効果も。

低用量ピルは、排卵の抑制・着床の防止・精子のブロックと、3方向から身体に働きかけることで、性行為があっても妊娠しない状態を維持します。

ピル効果2:PMS(生理痛・情緒不安定など)を改善する

低用量ピルには、生理前〜生理中にかけて生じる、身体のさまざまな不調を改善する効果も期待できます。

▼ピルで改善が見込める症状

  • 生理痛や腰痛
  • 頭痛
  • 悪心(気持ち悪さや吐き気)
  • 情緒不安定
  • 食欲不振や過食

生理前や生理中の不調は、PMS(月経前症候群)や月経困難症と呼ばれていますよ。

低用量ピルで生理に伴う身体の不調を改善できるのは、ホルモンバランスが安定するためです。

女性の身体は、ホルモンの分泌を増やしたり減らしたりして、妊娠できる状態を作ります。

生理に伴う不調は体内のホルモン分泌が変化することで起こるため、ピルを飲んでホルモンバランスが一定に保たれると、不調も感じにくくなるのです。

ピル効果3:ニキビや肌荒れを改善する

低用量ピルには、ニキビや肌荒れを改善する効果も期待できます。

ニキビの改善が見込めるのは、ピルに、男性ホルモンの働きを抑制する成分が含まれているためです。

男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂の分泌量も増えるため、毛穴が詰まり、皮脂をエサにするアクネ菌が増殖してニキビができます。

ピルにきび

男性ホルモンは、女性の体でも分泌されています。

男性ホルモンの分泌量を抑えることが、ニキビ改善への近道です。

※ニキビ治療にはマーベロンが用いられる

ピル効果4:生理不順を改善する

低用量ピルを規則正しく服用すると、生理不順が改善され、決まった周期で生理がくるようになります。

▼ピル服用と生理周期

ピル飲み方

決まったタイミングで生理がくるようになれば、出先での急な生理に焦ったり、汚れた下着に頭を悩ませたりすることもなくなります。

さらに、いつ生理がくるか分かるようになるため、旅行・イベント・デートなどの予定も立てやすくなりますよ。

▼【関連】低用量ピルでは生理を止められない

低用量ピル飲み始めの効果はいつから?避妊とPMS改善の時期

低用量ピルの効果が出るタイミングは、避妊とPMS改善で異なります。

避妊飲み始めた初日から
PMS改善1〜3か月ほど飲み続けてから

なお、低用量ピルを飲み始めてすぐに避妊効果を得るためには、生理の初日に服用を開始することが必要です。

生理の期間外に低用量ピルの服用を始めた場合、避妊効果が出るまでには、服用開始から7日ほどかかります。

PMS改善の効果が出るタイミングには、個人差がありますよ。

ピルはどれがいい?効果別の早見表と選び方

低用量ピルは8種類あり、それぞれ期待できる効果や特徴が異なります。

避妊用治療用
自由診療保険適用
経血量を
減らしたい
シンフェーズルナベルLD
フリウェルLD
生理不順を
改善したい
トリキュラー
ラベルフィーユ
アンジュ
ニキビを
治したい
マーベロン
ファボワール

トリキュラー・ラベルフィーユ・アンジュは、含まれる有効成分が同じですが、製薬会社や発売された時期が違うため、名称が異なります。

また、マーベロンとファボワール、ルナベルLDとフリウェルLDも、それぞれ有効成分が同じピルです。

同一の有効成分が配合されるピルは、期待できる効果も同じです。

PMS(月経前症候群)・月経困難症の改善が目的のピルの選び方

PMS改善が目的のピル

PMSや月経困難症など、生理時の不調を改善する低用量ピルには、ルナベルLDとフリウェルLDが挙げられます。

どちらも期待できる効果や副作用は同じですが、ジェネリック医薬品に該当するフリウェルの方が低価格です。

種類保険適用
(3割負担)
ルナベルLD950円
フリウェルLD470円

※参考:薬価基準収載品目リスト
※薬の処方には薬価のほかに診察代・検査代
処方箋料などが必要です。

ルナベルLDとフリウェルLDは、保険医療機関で処方を受けると、3割負担(保険適用)で購入できることが特徴です。

なお、トリキュラーやマーベロンなどにも、生理の際に伴う不調を改善する効果が期待できます。

ただし、トリキュラーやマーベロンは治療用ピルとしての認可がないため保険が適用されず、費用は10割負担(月々2,000〜3,000円ほど)です。

できるだけ安く生理に伴う不調を改善したいなら、保険適用のピルを選ぶのがおすすめですよ。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、コスト(開発費や研究費)を抑えて作られた薬のことです。

抑えたコストが価格に反映されているため、安い価格で購入・服用できます。

開発費や研究費が削減できるのは、新薬と同じ成分で、ジェネリック医薬品を作っているからです。

▼ジェネリック医薬品のピル

  • フリウェルLD
  • ラベルフィーユ
  • ファボワール
ピルに保険を適用する条件とは?

ピルは、治療目的で服用する場合に限り、保険適用が受けられます。

保険適用の条件
服用目的月経困難症の治療
子宮内膜症の治療
※医師の診断を受ける必要あり
ピルの
種類
超低用量ピル
低用量ピル
・フリウェルLD
・ルナベルLD
場所保険医療機関に指定されているクリニック
その他保険証の提示が必要
・診断のための検査が必要
※検査費:2,000〜8,000円

避妊用のピルの選び方

避妊用のピル

日本で避妊効果の承認を受けているピルは、6種類あります。

避妊用ピルは種類が多く、それぞれ副効果や発現しやすい副作用が異なるため、悩みに合わせて選びましょう。

▼【避妊用ピル】効果と副作用の発現率

種類副効果悪心※頭痛腹痛
シンフェーズ経血量の
軽減
5%
以上
5%
未満
5%
未満
トリキュラー
ラベルフィーユ
アンジュ
生理不順の
改善
29.4%5%
以上
5%
以上
マーベロン
ファボワール
ニキビ改善5%
以上
5%
以上
0.1〜
5%未満

※悪心:気持ち悪さや吐き気のこと

副効果や副作用の発現率が違うのは、配合されている有効成分(ホルモン)の種類が異なるためです。

どの有効成分が身体に合うのかは、ピルを服用するまでわかりません。

そのため、身体に合うピルが見つかるまでは、2〜3か月単位で服用するピルを変更することがあります。

ピルが身体に合っているのかは、副作用の程度・生理時の不調の変化などで、判断されますよ。

ピルには21錠タイプと28錠タイプがある

低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあり、それぞれ飲み方が異なります。

21錠タイプ21日間は実薬を飲む
7日間は何も飲まない
28錠タイプ21日間は実薬を飲む
7日間は偽薬(プラセボ)を飲む

実薬は有効成分(ホルモン)入りのピル、偽薬は有効成分が入っていない(主成分がデンプンの)ピルです。

28錠タイプでは、新しいシートに変える際の飲み忘れを防ぐため、偽薬が用意されています。

同じ商品であれば、どちらを選んでも効果は変わらないため、飲み忘れが不安な場合は28錠タイプを選ぶのがおすすめですよ。

たとえば、アンジュ21とアンジュ28は、同じ効果が期待できます。

迷ったら医師に相談

低用量ピルの種類が多すぎて選べない!と思ったら、医師に選んでもらうのも1つの手です。

診察の際、「どのピルを飲むべきかわからない」と伝えれば、体質や悩みに合ったピルを処方してもらえます。

病院によっては取り扱うピルの数が少ない場合もあるため、身体・悩みに合うピルを見つけたいなら、ピルの種類が豊富なクリニックを選びましょう。

ピルの種類が多いオンラインクリニック

名称種類1か月の
料金
メデリピル

口コミを見る
6種類初月無料

1シート
2,970円
エニピル

口コミを見る
8種類2,563円
スマルナ

口コミを見る
5種類1,963〜
2,980円
税込み/自由診療

※オンラインピル処方は医師の診療が必要となり、医師の判断によってはお薬を処方できない場合があります。

ピルは効果ない?リスクと5つの注意点

注意点を知らないと、低用量ピルを飲んでも、期待した効果が得られないことがあります。

▼5つの注意点

1
詳細
ホルモンバランスの乱れ以外が原因のPMSにピルは効果なし
2
詳細
低用量ピルには副作用がある
3
詳細
ピルを飲めない人もいる
4
詳細
ピルの効果を下げる薬がある
5
詳細
低用量ピルでは生理を止められない

デメリットやリスクも理解した上で、服用することが大切です。

ホルモンバランスの乱れ以外が原因のPMSにピルは効果なし

PMSの原因が、ストレスや生活習慣にある場合、ピルを飲んでも症状が改善されない可能性があります。

PMSの原因と考えられるもの

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣
  • 偏った食生活
  • 精神疾患

PMSの症状が出る原因は、はっきりと特定されておらず、複数の要因が重なって症状が現れる場合も。

もしも、ピルの服用を3〜6か月以上続けても症状に変化がない場合は、ほかの治療法も検討しましょう。

ピルで症状が改善しない場合には、漢方薬・抗うつ薬などが用いられますよ。

低用量ピルには副作用がある

低用量ピルには、吐き気・頭痛などの副作用があります。

▼低用量ピルの副作用と発現率

種類悪心頭痛腹痛不正出血
ルナベルLD
フリウェルLD
17.9%15.5%5%
以上
60%
シンフェーズ5%
以上
5%
未満
5%
未満
5%
未満
トリキュラー
ラベルフィーユ
29.4%5%
以上
5%
以上
不明
アンジュ0.1〜
5%未満
マーベロン
ファボワール
5%
以上
5%
以上
0.1〜
5%未満
0.1〜
5%未満

ピルの副作用は、飲み始め〜3か月の間に出やすく、服用を続けると徐々に落ち着きます。

副作用がひどい場合は、市販の痛み止めや吐き気止めで対処しましょう。

また、3か月以上ひどい副作用が続く場合は、身体にピルが合っていない可能性があるため、医師に相談してくださいね。

超低用量ピルの副作用も確認する
種類悪心頭痛腹痛不正出血
ルナベルULD
フリウェルULD
17.9%15.5%5%以上81.1%
ヤーズ
ドロエチ
29.8%41.0%5%以上25.4%
ヤーズフレックス20.8%25.5%5%以上23.7%

超低用量ピルは血栓症のリスクが低い一方で、悪心・頭痛・不正出血などを起こしやすいことを確認しておきましょう。

ピルを飲めない人もいる

血栓症のリスクが高い場合、ピルを服用できません。

低用量ピル服用者のうち、10,000人に3〜9人の割合で起こる血栓症は、血管内で血液が固まる病気です。

▼血栓症のリスクが高い人

  • 喫煙者
  • 40代以上の人
  • BMI25以上の人
    • BMI=体重(kg)÷身長(m)²

血栓症は放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなる危険な副作用の1つ。

しかし、初期症状に気づいて早期に対応すれば、命に関わるような大きなリスクを避けられます。

初期症状に気づいたら、すぐに産婦人科婦人科を受診しましょう。

血栓症の初期症状一覧
  • ふくらはぎの痛み、むくみ
  • 手足のしびれ
  • 突然の息切れ
  • 舌のもつれ
  • 胸部の痛み
  • 頭痛、めまい、失神、目のかすみ
ピルが飲めない人の避妊法・PMSの改善策

低用量ピルが飲めない場合、避妊リングを使用することがあります。

避妊リングとは、子宮の中に入れることで妊娠を防ぐ道具です。

ピルと同様に、生理時の不調の改善にも役立ちます。

値段の目安12,000円ほど
※保険適用の場合
効果の持続期間5年
対象年齢15〜50歳頃まで

ピルとの大きな違いは、生理がなくなる場合があることです。

避妊リングを入れた多くの女性は経血量が減り、約20%の確率で生理がなくなります。

避妊リングは、産婦人科で入れてもらえます。

参考:厚生労働省

ピルの効果を下げる薬がある

特定の薬やサプリメントを、ピルと一緒に飲むと、効果が落ちたり不正出血が起こったりします。

▼ピルと飲み合わせの悪い薬やサプリメント

もしも、飲み合わせの悪い薬やサプリメントを服用している場合は、診察で医師に伝えましょう。

医師に相談すれば、薬の調整や、ピル以外の方法での対応を検討してもらえます。

市販の頭痛薬・風邪薬・吐き気止めなどは、ピルと一緒に服用できますよ。

低用量ピルでは生理を止められない

低用量ピルには、生理の出血量を減らす効果が期待できますが、生理を止めることはできません。

そのため、ピルを飲んでいても、毎月2〜5日ほどの期間は生理があります。

出血量が減れば、漏れや貧血を気にせず、生理中も快適に過ごせますよ。

【Q&A】ピル効果/ピル効能に関する疑問を解決

【Q&A】ピル効果/ピル効能に関する疑問を解決

フリウェルの効果とは?

フリウェルには、月経困難症や生理不順を改善する効果が期待できます。

月経困難症とは、生理中や生理前に、腹痛・気持ち悪さ・情緒不安定などの症状が起こる病気のことです。

なお、フリウェルには低用量ピルの「LD」と、超低用量ピルの「ULD」の2つがあります。

▼LDとULDの違い

LD低用量ピル
・不正出血リスクが低い
ULD超低用量ピル
・血栓症リスクが低い

LDとULDには同じ「種類」の有効成分(ホルモン)が含まれているため、期待できる効果・効能は同じです。

しかし、配合されている有効成分の「量」が違うため、現れやすい副作用に違いがあります。

参考:日本新薬/医療品インタビューフォーム

低用量ピルを飲み続けることのメリット・デメリットは?

低用量ピルを飲み続けることのメリットは、生理中のつらい不調を気にせず、日々を過ごせることです。

メリット・99%の確率で避妊ができる
・生理中の不調が改善しやすい
デメリット・性感染症は防げない
・副作用などのリスクがある

一方、血栓症や肝機能障害などの副作用がある点はデメリット。

なお、長期服用によるピルの副作用が心配なら、年に1回の頻度で検査を受けるのがおすすめですよ。

産婦人科へ行けば、血液検査やエコー検査が受けられます。

ミニピルの効果・効き目とは?どんな用途で飲むの?

ミニピルは、低用量ピルと同様に、避妊を目的に服用する医薬品です。

血栓症の原因となる成分が含まれていないため、血の塊ができやすい喫煙者・肥満の人・40代以上でも服用できることがミニピルの魅力。

一方で、取り扱いのあるクリニックが非常に少なく、入手しにくいデメリットがあります。

▼ミニピルの詳細

値段3,000~4,000円
購入場所産婦人科・婦人科
オンラインクリニックなど
飲み方1日1錠を
決まった時間に服用

※自由診療

緊急ピルにはどんな効果があるの?いつから・何時間に飲む?

緊急ピル(アフターピル)には、性行為での避妊失敗による妊娠を防ぐ効果が期待できます。

妊娠を防ぐためには、避妊失敗から72時間以内にピルを服用することが必要です。

なお、アフターピルは、服用が早いほど高い避妊効果が見込めますよ。

▼服用時間と避妊率

アフターピル妊娠阻止率

※ノルレボ・レボノルゲストレルは、アフターピルの商品名

避妊目的・避妊用の低用量ピル(OCピル)は、保険適用できる?

避妊目的で服用するためのピルは、保険が適用されません。

日本で保険が適用できる薬は、ケガや病気の治療を目的としている場合のみ。

避妊(妊娠の予防)は、ケガや病気に該当しないため、保険適用外(自由診療)です。

ピルを飲んでる人の特徴は?なぜピルを飲むのか知りたい!

ピルを飲んでいる理由には、避妊や生理に伴う不調の治療などが挙げられます。

その他、生理不順の改善・生理日の移動などを理由に、ピルを服用する方もいますよ。

▼4種類のピルと効果一覧

低用量ピル毎日かかさず服用し
妊娠を予防する
月経困難症の改善
超低用量ピル月経困難症の改善
中用量ピル生理日の移動
アフターピル
(緊急避妊薬)
性行為後に服用し
妊娠を防ぐ

ピルは種類によって、期待できる効果が異なります。

服用する際には、目的に合ったピルを選んでくださいね。

低用量ピルの効果で生理痛はすぐ改善する?

低用量ピルを飲み始めてから生理痛が改善されるまでは、1〜3か月ほどかかります。

生理の期間にピルを飲み始めた場合は、次の周期の生理で効果を実感できることが多いですよ。

ピルを飲むと女性ホルモンが増えるって本当?

ピルには、身体の中で分泌される女性ホルモンの量を減らす働きがあります。

分泌される女性ホルモンの量を減らすのは、避妊効果を得るためです。

女性ホルモンの分泌量が減ると、排卵の抑制・子宮内膜の増殖(赤ちゃんを作るためのベットが厚くなること)の阻止などが起こるため、妊娠が防げます。

ピルで女性ホルモンの量をコントロールすることで、一時的に妊娠しにくい状態をつくります。

ピル服用の副効果とは?

副効果とは、ピル本来の効果(避妊・PMSや月経困難症の改善など)以外に期待できる効果のことです。

ピルに期待できる副効果

  • 生理の期間が短くなる
  • 生理の血の量が減る
  • ニキビが改善する

生理の期間が短くなったり、出血量が減ったりするのは、ピルの作用で子宮内膜が薄く保たれるため。

子宮内膜は、赤ちゃんのベッドとなる組織のことで、剥がれ落ちて体外に排出される現象が生理です。

生理の際の出血量は、子宮内膜が厚いほど多くなるため、ピルで子宮内膜を薄く保つと、血の量も少なくなりますよ。

ピル服用者の中には、1日で生理が終わったり、生理がなくなったりする人もいますよ。

▲ニキビ改善の効果を詳しく見る

ピルは何歳から飲める?やめるタイミングは?

低用量ピルは、初経(初めての生理)が来ている女性であれば、何歳からでも服用可能です。

飲み続けられるのは40歳ごろまでで、途中で服用をやめると、ピルの効果は消失します。

そのため、生理痛やPMS改善の目的でピルを服用している場合、妊娠を希望するときまで服用を継続するのがおすすめです。

▼ピルをやめたあと

効果数日で効果がなくなる
生理3か月ほどで生理が再開
妊娠中止から3か月以降が目安

なお、ピルは、1シートを飲み切った時点で中止します。

ピル中止後は体調が変化しやすいため、飲むのをやめたいときは、医師に相談しておくのがおすすめです。

スクロールできます
未承認医薬品等
異なる目的での
使用
シンフェーズ、マーベロン、ファボワール、
トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュは
医薬品医療機器等法において、避妊の効能・効果で承認されていますが、
PMS・生理不順生理痛・ニキビの改善、経血量の減少の効果については
国内で承認されていません。
ルナベルLD・フリウェルLDは、医薬品医療機器等法において、
月経困難症の効能・効果で承認されていますが、
PMS・生理不順の改善、経血量の減少・避妊の効果については
国内で承認されていません。
入手経路等国内の医薬品卸業者
国内の
承認医薬品等の
有無
国内でニキビ治療の効能・効果で承認されている内服薬には、
ビブラマイシンが挙げられます。
掲載したピルと同一成分で
PMS・生理不順・生理痛・ニキビの改善、経血量の減少の効果を有する
他の国内承認医薬品等はありません。
諸外国における
安全性等に
係る情報
血栓症 、頭痛、吐き気 、不正出血 、
乳房の張り等のリスクがあります。
医薬品副作用
被害救済制度に
ついて
万が一重篤な副作用が出た場合は、
国の医薬品副作用救済制度
対象外となります。
来院でのピル処方

当院の婦人科では、アフターピルの処方を行っております。

初診からご利用いただけるネット予約がスムーズです。

>>問診票ダウンロード

運営者情報

運営者医療法人葵鐘会 パークベルクリニック 事業開発部
URLhttps://www.parkbell.jp/
院長刈谷 方俊
住所〒440-0877 愛知県豊橋市南松山町153
地図
事業内容産科・婦人科・ 婦人科(不妊治療)・婦人科(漢方)
電話番号0532-56-0020
受付時間月~金 9:00 ~ 20:00
土 9:00 ~ 12:30

※メディアに関するお問い合わせは「お問い合わせフォーム」からご連絡ください

パークベルクリニック

刈谷 方俊のアバター 刈谷 方俊 パークベルクリニック院長

■略歴 昭和56年 京都大学医学部 卒業/京都大学医学部附属病院/国立姫路病院/市立長浜病院/大阪赤十字病院/平成25年より現職

目次