医療法人葵鐘会 パークベルクリニック

ピルはオンライン診療と病院、どっちが安い?値段以外の違いや保険適用についても解説

アイキャッチ

ピルは、オンライン診療と病院のどっちが安い?

ピルは継続しての服用が必要だからこそ、できるだけ安く買いたいですよね。

今回は50院以上のクリニックをリサーチし、オンラインと病院のどちらが安いのかを調査しました。

この記事のポイント

  • オンラインと病院で価格は同じくらい
  • オンラインならピルが初月無料
  • 緊急時には病院がおすすめ

結論、オンラインと病院のピルの価格相場に大きな差はありません。

しかし、クリニックによって値段設定は異なるため、購入する場所によって1,000〜3,000円以上の差が出る場合がありますよ。

この記事では安くピルを手に入れられる3つのオンラインクリニックもあわせて紹介するので、費用が気になる方はチェックしてみてくださいね。

初月0円でピルを試すなら

メデリピルなら低用量ピルが無料

メデリピル
  • 診察は何度でも0円
  • 口コミや実績が豊富
  • 休診日なし!23時まで毎日営業
営業時間7:00〜24:00
配送最短1日
診察現役の産婦人科医が担当
解説を見る
自由診療

※オンラインピル処方は医師の診療が必要となり、医師の判断によってはお薬を処方できない場合があります。※本サイトでは、低用量ピルのクリニック一覧と料金アフターピルのクリニックと料金超低用量ピルのクリニックと料金中用量ピルのクリニックと料金をもとに、ピルの相場を算出しています。

※この記事はPRを含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しています。

目次

どっちが安い?オンラインと病院のピルの値段一覧や相場を紹介

オンラインと病院では、同じくらいの価格帯でピルを処方しています。

オンラインと病院の相場

ピル相場
低用量ピル1シート
2,000~3,000円
超低用量ピル1シート
3,000〜10,000円
中用量ピル21日分
4,000〜6,000円
アフターピル1回
6,000〜15,000円
自由診療

※1:1か月分
※2:21日分

なお、ピルの種類や処方を受けるクリニックによって、料金は少しずつ異なりますよ。

低用量ピルが安いのはどこ?おすすめのオンライン診療3選

低用量ピルが安いのはどこ?おすすめのオンライン診療3選

病院のホームページには、ピルの価格が掲載されていないことも多いため、自宅の近くで安いクリニックを見つけるのは大変です。

オンラインクリニックの場合、料金を公式サイトに掲載しているため、安いクリニックが簡単に見つけられます。

編集部では50以上のオンラインクリニックや病院を調査し、お得にピルを買える3つのサービスを厳選しました。

スクロールできます
オンライン診療魅力診察送料休診日
メデリピル

解説を見る
低用量ピルが
初月0円
無料無料~
550円
なし
スマルナ

解説を見る
診察~処方まで
チャットで完結
1,500円無料なし
エニピル

解説を見る
休診日なし
年中無休で営業
2,200円550円なし
税込/自由診療

低用量ピル/超低用量ピルのみ

紹介する3つのサービスは、ピルの価格がお得なこと以外にも、以下のような魅力があります。

  • ピルのラインナップが充実
    • 体質や要望に合うピルが見つけやすい
  • アンケートや口コミでの評判が良い
    • 利用者が多く信頼できる
  • 営業時間が長く休診日なし
    • ライフスタイルに合わせて使える

なお、ピルの価格やメリット・デメリットはそれぞれ異なるので、悩みや要望に合ったオンラインクリニックを選んでくださいね。

【メデリピル】低用量ピルの初回限定プランあり

メデリピルのおすすめポイント
  • 低用量ピル1シートが0円
  • 解約が簡単で違約金なし
    • 副作用が出たらすぐに中止できる
  • 診察は電話かビデオ通話を選べる
    • 診察は何度でも0円

低用量ピルが初月無料のメデリピルは、初めて低用量ピルを飲む方におすすめです。

無料プランの対象ピル一覧
  • マーベロン
  • ファボワール
  • ラベルフィーユ
  • アンジュ
  • シンフェーズ
  • トリキュラー

ピルの服用を始めようか迷っている方も、無料なら試しやすいでしょう。

診察では医師があなたの体質や悩みに合ったピルを教えてくれるので、「ピルの種類が多くて迷うな…」と悩んでいる方も気軽に相談してくださいね。

\ 0円でピルを試そう /

営業時間休診日配送
7:00〜24:00なし17時までの決済で
当日発送
診察送料診療の方法
無料無料~550円
※プランによる
電話
ビデオ通話
税込/自由診療
ピルの料金一覧を見る
ピル1シートの
料金
診察代送料
低用量ピル初月無料
通常:1,963~
2,970円
無料550円
超低用量ピルドロエチ
フリウェルULD
5,940円
無料550円
ヤーズフレックス
ルナベルULD
9,900円
ヤーズ
11,000円
アフターピルレボノルゲストレル
9,900円
1,650円無料
ノルレボ
11,000円
中用量ピル5,940円1,650円無料
税込/自由診療
使い方を見る
LINE公式アカウントを友だち追加
LINE公式アカウントを友だち追加

まずは、メデリピルの公式サイトで、LINEアカウントの友だち追加を行います。

友だち追加は、「無料プランを試してみる」から行えます。

LINEから予約
LINEから予約

LINEを追加したら、オンライン診療を予約しましょう。

メデリピルでは、当日予約も受け付けています。

予約はスムーズで、当日に取れることがほとんどです。

個人情報・問診票の登録
個人情報・問診票の登録

メデリピルの公式LINEから、個人情報・問診票・決済方法の登録を済ませます。

診療の方法・診察時間を選ぶ
診療形式・診察時間を選ぶ

メデリピルのオンライン診療は、診療の方法(電話かビデオ通話)・診察時間を選べることが特徴です。

オンライン診療・決済

予約した時間になったら、医師から電話がかかってきます。

オンライン診療では、避妊に失敗した日時・服用している薬の有無・かかったことのある病気などを聞かれますよ。

また、処方を希望しているピルの種類の確認や、副作用・服用方法の説明を受けます。

診察の時間は、5〜10分ほどです。

発送通知メールを確認
発送通知メールを確認

アフターピルが発送されると、問診で登録したメールアドレスに通知が届きます。

ピルの到着
ピルの到着
実際に届いたピル

処方されたアフターピルは、中身がわからないような梱包で自宅のポストに届きます。

ピルの購入が家族にバレることはありませんよ。

メデリピルの予約をする

【スマルナ】チャットで注文!ピルのまとめ買いにも対応

スマルナの
おすすめポイント
  • 低用量ピルのまとめ買いがお得
    • 1か月あたり1,963円
  • プランにかかわらず送料は無料
  • ピル注文がチャットで完結
    • 医師とのやり取りもチャットでOK

※税込/自由診療

スマルナは低用量ピルのまとめ買いが、1シート2,000円以下とお得なだけでなく、ピルの注文が簡単な点も魅力です。

予約や決済などの手続きはもちろん、医師の診察も専用アプリのチャット上で完結します。

ネットショッピング感覚でピルを注文できるスマルナは、忙しい方・通話が苦手な方にぴったりですよ。

\ ピル処方は嬉しい送料無料 /

営業時間休診日配送
24時間なし18時までの決済で
当日発送
診察送料診療の方法
1,500円無料チャット
ビデオ通話
税込/自由診療
ピルの料金一覧を見る

※12シート一括決済プラン

ピル単品セット※診察
低用量ピルラベルフィーユ
ファボワール
アンジュ
2,980円
1,963円1,500円
トリキュラー
マーベロン
3,380円
2,363円
超低用量ピルフリウェルULD
4,180円
3,163円1,500円
ドロエチ
4,580円
3,563円
ルナベルULD
6,980円
5,963円
ヤーズ
8,880円
7,863円
ヤーズフレックス
9,980円
8,963円
アフターピルレボノルゲストレル
9,480円
1,500円
ノルレボ
11,700円
中用量ピル7錠
2,900円
1,500円
14錠
4,000円
21錠
6,200円
税込/自由診療

【エニピル】ライフスタイルに合わせて使いやすい

エニピルの
おすすめポイント
  • 24時間365日いつでも営業
  • ピル1年分のまとめ買いOK
  • 18歳以下の利用も制限なし

年中無休、深夜や早朝でも営業しているエニピルなら、自分の都合が良いタイミングでピルの処方が受けられます。

土日はもちろん、休診するクリニックの多い年末年始やお盆も営業していますよ。

\ 1年分のまとめ買いもOK /

営業時間休診日配送
24時間なし15時までの決済で
当日発送
診察送料診療の方法
2,200円550円電話
ビデオ通話
税込/自由診療
ピルの料金一覧を見る
ピル1シートの
料金
診察代送料※
低用量ピルファボワール
ラベルフィーユ
トリキュラー
シンフェーズ
アンジュ
マーベロン
2,563円
2,200円550円
フリウェルLD
3,663円
ルナベルLD
8,140円
超低用量ピルフリウェルULD
4,180円
2,200円550円
ルナベルULD
7,678円
ドロエチ
4,510円
ヤーズ
9,570円
ヤーズフレックス
9,900円
アフターピルレボノルゲストレル
10,978円
2,200円550円
エラ
14,080円
中用量ピル7,678円2,200円550円
税込/自由診療

エニピルの予約をする

【レバクリ】低用量ピルの定期便がおすすめ

【レバクリ】低用量ピルの定期便がおすすめ
レバクリのおすすめポイント
  • 低用量ピル2か月分が半額
  • 診察代がずっと0円
    • 副作用などの困り事も相談しやすい
  • 1シートのみの処方にも対応

レバクリは、お得な定期便・1シートのみの処方・まとめ買いと、低用量ピルのプランが充実しています。

プランが充実するサービスなら「安くピルを続けたい」「まずは1か月だけ試したい」など、要望に合った利用が叶いますよ。

\ 低用量ピルが月額1,384円で試せる /

営業時間休診日配送
10:00〜
22:00
なし要問合せ
診察送料診察の方法
無料550円ビデオ通話
ピルの料金一覧を見る
ピル1シートの
料金
診察代送料
低用量ピル定期便
1,384~2,768円
無料550円
単品
3,258円
ルナベルLD
8,140円
超低用量ピルフリウェルULD
5,309~5,900円
無料550円
ルナベルULD
8,845~9,828円
ドロエチ
5,311~5,902円
ヤーズ
9,738~10,820円
ヤーズフレックス
10,819~12,021円
中用量ピル5,160円無料550円
税込/自由診療

レバクリの予約をする

ピルがもらえる病院は何科?

ピルは、産婦人科や婦人科で処方されています。

また、一部の内科・小児科・皮膚科・メンタルクリニック・美容クリニックなどでも、処方を受けられますよ。

皮膚科や美容クリニックでは、ニキビ治療にピルが使われている場合もあります。

自宅の近くでピル処方の受けられる病院を見つけたいときは、Google mapsで「ピル外来」と検索してみましょう。

病院の特徴や魅力

産婦人科
婦人科
・ピルの種類が多い
・生理の悩みも相談も可能
・中絶や妊娠の相談も可能
その他の
病院
・受診のハードルが低い

クリニックによってピルの値段が違う理由

クリニックによってピルの値段が違うのは、各クリニックが独自の基準で料金を設定しているからです。

ピルの料金は、1,000〜3,000円ほど変わることもあります。

どこで処方を受けてもピルの種類や効果が同じなら、安いクリニックを選びたいですよね。

ピルが安いオンライン診療3選に戻る

お得にピルを買うために知っておきたい3つのポイント

お得にピルを買うために知っておきたい3つのポイント

ここから紹介する3つのポイントを知っておけば、リーズナブルにピルを購入できます。

お得にピルを買いたいなら…

定期便やお試し無料プランを上手く活用

オンライン独自のサービス、定期便やお試し無料プランを活用すれば、相場よりもリーズナブルにピルを購入できます。

定期便は、1か月/3か月/6か月など、一定のペースで自宅のポストにピルが届くプランのこと。

 定期便やお試し無料プランを上手く活用

※1か月分

解約するまで決まった期間ごとにピルが発送される定期便は、手続きが面倒・買い忘れが不安などの悩みがある方にぴったり。

なお、ピルが身体に合わなかった場合に備えて、解約に違約金が発生しないオンラインクリニックを選ぶのがおすすめです。

解約に違約金なし

スクロールできます
オンライン診療定期便
1か月分
お試し解約方法
メデリピル

解説を見る
2,141~
2,970円
低用量ピル
1か月分が無料
公式サイトの
マイページから
スマルナ

解説を見る
1,963~
3,380円
なし公式サイトの
マイページから
エニピル

解説を見る
2,563~
8,140円
なし公式LINEから
税込/自由診療

手数料のかからない支払い方法を選択

手数料のかからない支払い方法を選べば、1年に3,000〜6,000円ほど節約できます。

手数料なしクレジットカード
スマホ決済
現金(病院のみ)
手数料あり後払い
銀行振り込み
代金引換

※オンラインのみ

手数料の目安は、1回あたり250〜550円です。

1回の手数料は少額でも、積み重なれば金額は大きくなります。

お得にピルの服用を継続するために、決済方法にも注目してみてくださいね。

各オンライン診療の支払い方法

オンライン診療決済方法
メデリピル

解説を見る
クレジットカード
Amazon Pay
Paidy
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
スマルナ

解説を見る
クレジットカード
NP後払い
エニピル

解説を見る
クレジットカード
NP後払い

保険適用が可能なピルもある

月経困難症(生理時に腹痛・頭痛・気持ち悪さなどの症状が出る病気)を改善する目的でピルを飲む場合、保険を適用できることがあります。

保険を適用すると、通常の30%の価格でピルを買えますよ

たとえば、4,000円のピルに保険を適用すると1,200円です。

保険適用:1シートの目安料金
ピルの種類保険適用後
※3割負担
フリウェルULD440円
フリウェルLD470円
ドロエチ730円
ルナベルLD950円
ルナベルULD1,080円
ヤーズ730円
ヤーズフレックス2,350円

※参考:薬価基準収載品目リスト

なお、ピルを保険適用で購入する場合、薬代とは別に調剤報酬(500〜1,000円ほど)が必要です。

ピルの保険診療と自由診療

保険はすべての方に適用されるわけではなく、利用にはさまざまな条件があります。

たとえば、避妊や生理日のコントロールを目的にピルを飲む場合は保険の適用外。

全額自己負担の「自由診療」でピルを購入しますよ。

保険適用の条件

服用目的月経困難症の治療
子宮内膜症の治療
※医師の診断を受ける必要あり
ピルの
種類
超低用量ピル
低用量ピル
・フリウェルLD
・ルナベルLD
場所保険医療機関に指定されているクリニック
その他保険証の提示が必要
・診断のための検査が必要
※検査費:2,000〜8,000円

月経困難症を改善する目的でピルを飲む場合でも、「保険医療機関」に指定されているクリニック以外で診察を受けると、保険が適用されません。

保険を使いたい場合は、事前に電話やメールで「保険医療機関」であるのかを問い合わせましょう。

【関連QA】保険適用のメリット・デメリット

ピル処方はオンラインと病院のどっちがいい?値段以外の違いを紹介

ピル処方はオンラインと病院のどっちがいい?値段以外の違いを紹介

オンラインと病院には、ピルの値段以外にも違いがあります。

オンライン病院
診察必須
検査なしあり
ピルの種類低用量ピル
超低用量ピル
アフターピル
中用量ピル
待ち時間0分1~3時間
待つこともある
営業時間24時間365日平日・土曜日
日中~夕方
ピル受け取りに
かかる時間
ピルの配送に
1~3日かかる
診察後すぐに
ピルがもらえる
※クリニックにより異なる

どちらにもメリット・デメリットがあるからこそ、違いを知って、ピルの服用が続けやすい方を選びましょう。

診察・検査

オンラインでも病院でも、ピルを初めてもらうとき・ピルの種類を変えるときには、診察が必須です。

一方で、検査を行うかは、オンラインと病院で異なります。

オンライン病院
診察ビデオ通話
電話
クリニックを
受診
診察代無料〜2,200円無料〜5,500円
診察の
頻度
1年に1回1〜3か月に1回
検査受けられない血液検査
エコー検査
内診など
検査代なし1回あたり
3,000〜
8,000円
検査の
頻度
なし1年に1回

病院での検査は、ピルを飲んでも問題ない健康状態か・ピルの副作用(血栓症)が出ていないかをチェックする目的で行われます。

初回の検査では、肝臓や血圧に異常があると、ピルを処方してもらえないこともありますよ。

なお、ピルの副作用は自覚しにくいため、オンラインでピルを買っている方も、定期的に病院へ行って検査を受けるのがおすすめです。

会社等で定期的に健康診断を受けている場合、病院での定期検査は省かれることがあります。

ピルの種類

処方されるピルの種類は、オンラインと病院で、違いはありません。

スクロールできます
種類効果主な副作用※
低用量ピル避妊
月経困難症の改善
血栓症・頭痛・悪心
下腹部痛・乳房痛・嘔吐
超低用量ピル月経困難症の改善血栓症・頭痛・悪心
上腹部痛・不整出血
アフターピル緊急避妊血栓症
中用量ピル生理日の移動頭痛・傾眠・不整出血
悪心・倦怠感

※発現率5%以上の副作用/重大な副作用

クリニックによっては、一部のピルを取り扱っていないこともあります。

服用するピルが決まっている場合、事前にクリニックの公式サイトで、希望のピルが取り扱われているのかを確認しましょう。

エニピル(オンライン診療)では16種類のピルが用意されているので、あなたに合ったピルが見つかりますよ。

▼各ピルの副作用の詳細

超低用量ピルヤーズフレックス
ヤーズ
ドロエチ
フリウェルULD
ルナベルULD
低用量ピルトリキュラー
マーベロン
アンジュ
ファボワール
ラベルフィーユ
シンフェーズT
フリウェルLD
ルナベルLD
中用量ピルプラノバール
アフターピルレボノルゲストレル
ノルレボ
ヤッペ法

待ち時間

オンライン病院
待ち時間基本は0分
長くても5〜10分
1~3時間ほど
待つこともある

病院は混んでいることが多く、ピルをもらうだけでも2〜3時間ほど待つことがあります。

ピルを服用している方の中には、病院での待ち時間がストレスになり、オンラインに切り替える方も多いです。

病院の待ち時間に関する口コミ

病院の待ち時間が長引きやすいのは、予約制を採用していないことが多いためです。

オンラインクリニックは基本的に予約制なので、待ち時間が発生することはほとんどありませんよ。

営業時間

営業時間の目安
オンライン病院
平日朝~深夜まで日中~夕方まで
土曜日午前のみ
日曜日
祝日
基本は休診
GWやお盆
年末年始など
基本は営業基本は休診

※クリニックにより営業時間は異なります。

日本にある多くの病院は、日中〜夕方までしか営業しておらず、日曜日・お盆・年末年始などはお休みです。

オンラインクリニックは、24時間365日いつでもピル処方が受けることが可能で、土日や年末年始でもピルの発送に対応しています。

いつでもピルが買えるのは、オンラインクリニックならではの魅力です。

ピル受け取りまでにかかる時間

オンライン病院
ピル受け取りの
タイミング
診察の翌日以降診察後すぐ
備考天気が悪いと
配送が送れやすい
日曜日や年末年始は
休診の場合あり

病院でピル処方を受ける場合、診察後すぐにピルが受け取れます。

オンラインクリニックは、診察後にピルが発送されるため、受取までに1〜3日ほどかかることも。

「今日飲むピルがない」「アフターピルの制限時間が迫っている」など、緊急時には病院でピル処方を受けるのがおすすめです。

その他オンライン/病院の違い

ピルの「プラン」や、ピル代以外にかかる費用なども、オンラインと病院で違いがあります。

オンライン病院
初回無料
プラン
あり
メデリピル
なし
定期便
プラン
ありなし
低用量ピル
まとめ買い
12シートまで3シートまで
アフターピル
ストック買い
3つまで不可
交通費なしあり
送料あり
相場:550円
なし
その他の
メリット
二次感染がない
予約が取りやすい
年齢制限がない
現金払いがメイン
その他の
デメリット
安定した通信環境が必要
電子決済が必要
人目がある

初回無料プランや定期便があったり、ストック買いができたりするのは、オンラインのみ。

コスパや利便性を重視するなら、オンラインでピルを買うのがおすすめです。

一方で、決済方法が限られていたり、18歳以上にならないと利用できなかったりと、オンラインにはデメリットもあります。

オンラインがおすすめな人
  • ピルの買い忘れが心配
  • お得に低用量ピルを飲み続けたい
  • 安く中用量ピル/アフターピルが欲しい
  • 日中や平日に病院へ行けない
病院がおすすめな人
  • 安く超低用量ピルを買いたい
    • 避妊の効果は不要
  • アフターピルが今すぐ欲しい
  • かかりつけの産婦人科がある

ピルはオンラインと病院でどっちが安い?に関連する疑問を解決!

ピルはオンラインと病院でどっちが安い?に関連する疑問を解決!

オンラインでのピル処方も、保険適用できる?

一部のクリニックでは、保険適用のピル処方をオンラインで実施しています。

なお、オンライン診療で保険を適用するためには、下記のような条件がありますよ。

▼保険適用の条件

  • ピルの服用目的が病期の治療
    • 月経困難症
    • 子宮内膜症
  • 治療が必要だと医師が判断
  • 保険医療機関を受診
  • 保険証を提示
  • 治療専用のピルを服用

たとえば、的野ウィメンズクリニック(神奈川県)では、初診時に病院で診察・検査を受けると、2回目以降はオンラインでも保険診療が受けられます(3割負担)。

また、東京オンラインクリニックは初診から保険適用が可能ですが、手数料がかかるため、費用は保険を使わない場合と大差ありません。

オンラインでの保険診療は、手間がかかったり安くなかったりするため、病院を利用するのがおすすめです。

治療用ピル一覧
低用量ピルフリウェルLD
ルナベルLD
超低用量ピルフリウェルULD
ルナベルULD
ヤーズ
ヤーズフレックス
ドロエチ

ピルの保険適用のメリット・デメリットは?

保険を使うメリットは安くピルを買えること、デメリットは検査が必要なことです。

保険診療のメリット
  • ピル代が抑えられる
    • 通常の30%の価格帯
  • 安く検査が受けられる
    • エコー検査
    • 血液検査
保険診療のデメリット
  • 検査に費用がかかる
    • 3,000~8,000円ほど
    • 1年に1回以上は実施
  • 保険証が必要
  • 処方は1回3シートまで

なお、ピルが保険適用になるのは、月経困難症や子宮内膜症の診断を受けたときのみ。

避妊や生理日の移動のためにピルを飲む場合には、保険が適用できません。

「ピルはオンラインと病院、どっちが安い?」に関する投稿は、知恵袋にもある?

「ピルはオンラインと病院、どっちが安い?」に関する投稿は、Yahoo!知恵袋やSNSで確認できます。

40代でもピルをオンラインで購入できる?

アフターピルには年齢制限がありませんが、その他のピルは44歳までしか購入できません。

年齢制限があるのは、低用量ピル・超低用量ピル・中用量ピルの副作用である「血栓症」のリスクが、40代から高くなるためです。

オンラインも病院も、40代になるとピルの処方を受けにくくなります。

なお、血栓症の原因となる成分が含まれていない「ミニピル」であれば、40代の方でも処方を受けられます。

ミニピルは低用量ピルと同様に、避妊/生理痛の改善などの効果が期待できますよ。

オンラインミニピルを買いたいなら、新宿駅前婦人科クリニックがおすすめです。

▼ミニピルの基本情報

効果避妊
生理痛の改善
生理時の不調の改善
料金※1シート(1か月分)
2,800~3,000円
服用方法毎日決まった時間に
1錠を服用する
副作用不正出血・気分の落ち込み
頭痛・吐き気など
税込/自由診療

※値段は新宿駅前婦人科クリニック
参考:低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン(案)

オンラインや病院での診察なしで、ピルを買う方法は?

初診はオンラインでも病院でも、診察が必須です。

▼診察のタイミング

オンライン病院
初診必須
定期検診の
目安
1年に1回3か月に1回
ピルの変更時必須

病院は行く度に医師の診察がありますが、オンラインなら診察は年に1回ほど。

さらに、定期便やまとめ買いプランを選べば、面倒な手続きなしでピルの服用が継続できますよ。

※メデリピル/スマルナなど

低用量ピルが安いのは?おすすめのオンライン診療はどこ?

低用量ピルが安いオンライン診療には、メデリピルやスマルナが挙げられます。

スクロールできます
オンライン診療初月低用量ピル
1か月分
送料
メデリピル

解説を見る
無料1,963~
2,970円
無料~
550円
スマルナ

解説を見る
1,963~
3,380円
無料

初めて低用量ピルを服用するなら、低用量ピルが初回0円のメデリピルがおすすめ。

一方、月々の負担を抑えてピルを飲みたいなら、定期便がリーズナブルなスマルナがぴったりですよ。

オンラインピル処方の口コミが見たい!

オンラインピル処方の口コミは、インターネットやSNSで確認できます。

【まとめ】ピルはオンラインと病院、どっちが安い?値段は同じくらい!

【まとめ】ピルはオンラインと病院、どっちが安い?値段は同じくらい!

オンラインと病院、ピルの値段は同じくらいです。

値段以外にも、オンラインと病院にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、悩みや状況に合わせて選ぶのがおすすめです。

オンライン/病院のポイント

オンライン・初回無料プランがお得
・定期便は安くて便利
・電話での診察もOK
・待ち時間なしで快適
病院・すぐにピルが受け取れる
・検査が受けられる
・現金での決済が可能

オンラインクリニックの『メデリピル』なら、低用量ピルが初月無料で購入できます。

無料プランや定期便などのサービスを賢く使って、お得にピルの服用を続けてくださいね。

メデリピル予約はこちら

スクロールできます
未承認医薬品等
異なる目的での
使用
ミニピルは、医薬品医療機器等法において、
避妊効果の承認を受けていません。
入手経路等国内医薬品販売代理店経由
国内の
承認医薬品等の
有無
国内で避妊の効能・効果で承認されている内服薬には、
シンフェーズ・トリキュラー・マーベロンなどが挙げられます。
諸外国における
安全性等に
係る情報
悪心、頭痛、吐き気 、不正出血 、
乳房の張り等のリスクがあります。
医薬品副作用
被害救済制度に
ついて
万が一重篤な副作用が出た場合は、
国の医薬品副作用救済制度
対象外となります。
来院でのピル処方

当院の婦人科では、アフターピルの処方を行っております。

初診からご利用いただけるネット予約がスムーズです。

>>問診票ダウンロード

運営者情報

運営者医療法人葵鐘会 パークベルクリニック 事業開発部
URLhttps://www.parkbell.jp/
院長刈谷 方俊
住所〒440-0877 愛知県豊橋市南松山町153
地図
事業内容産科・婦人科・ 婦人科(不妊治療)・婦人科(漢方)
電話番号0532-56-0020
受付時間月~金 9:00 ~ 20:00
土 9:00 ~ 12:30

※メディアに関するお問い合わせは「お問い合わせフォーム」からご連絡ください

パークベルクリニック

刈谷 方俊のアバター 刈谷 方俊 パークベルクリニック院長

■略歴 昭和56年 京都大学医学部 卒業/京都大学医学部附属病院/国立姫路病院/市立長浜病院/大阪赤十字病院/平成25年より現職

目次